MEMORIAL COLLECTION2

ハセガワ1/30?M42

今では飛行機のハセガワとして、
確たる地位を築いている
長谷川製作所がプラモデルに
参入し始めた頃の製品
フラックワゴン。1967年度版
の製品リストにはこの他M41
M4シャーマンや1/450艦船
1/70飛行機が載っていますが
この時点でそれ程多くのキットは
出していません。

設立時の社名 長谷川商店
設立年月日昭和15年10月

マブチ25モーター搭載の
シングル走行。
キャタピラはポリ製。
これ以後ハセガワはモーターライズの戦車を出していなかった様に
思います。

 


1/450テルピッツ

ハセガワはプラモデルに
参入したのが遅かったせいも
あってか、あまり陳腐な小物
キットはなく、質の高い製品
からスタートしています。
左は1/450艦船シリーズの
テルピッツ。商標が2期の物。

 

ハセガワ、フロッグ1/72アブロシャクルトン。


飛行機プラモデルのトップメーカーとしての地位を確立した
1970年台初頭、英国フロッグ
との提携も行っていました。
「フロッグは1973年倒産」






1/150ピーナッツシリーズ
三共の1/150飛行機はピーナッツ
シリーズとも言われ多くの種類が
出ていました。

マルサン、三和と並びプラモデル
創成期の主役、三共製作所の1/150
飛行機とモーターライズ1/600秋月、
水中翼船ハイドロフォイル。

1/600
モーターライズ秋月

 
1/32
スバル1000

 比較的小物キットが多かった三共でしたが
後年には国産車の秀作を残しています。
三和、マルサンに続き昭和40年代中頃
消滅。


三共としては比較的大型のキット
水中翼艇ハイドロフォイル。

水中翼が出現した頃のせいも有ってか、
スタイルが近未来的です。



大滝1/35程度M4シャーマン

モーターライズ弾丸発射装置付き


1/32ロータス11
モーターライズ

大滝製作所は昭和35年頃(1960)にプラモデルに参入したメーカーでした。
昭和50年代後半(1980年代後半)消滅するまで数多くの車、飛行機、艦船
のプラモデルを発売しています。製品は秀作が多く消滅後も他のメーカーから発売されている
物が何点か有ります。

 



飛行機は大滝の得意分野の一つ。
当時から質の高い製品を出していました。

左は1/50雷電「給油車付き」。

左下、煙を出しながら走るF104
全長30cmオールメッキの豪華なキット。

右下、これもオールメッキ、モーターで
プロペラ回転、ライト点滅、飛行場
のスタンド付きの豪華版B29。
全長34cm。

 

 



トミカ程度の大きさ
のコロナ、ブルーバード、日野コンテッサ

緑商会は安い小物キットからスケール物
キャラクター物SF物と幅広く製品を出していたメーカーでした。小物キットに至るまで
いい加減さがなくそれなりにきちっとした
製品を出していました。特にSF物キャラクター物はイマイ科学に次いで有名。
1960年代(昭和40年代後半)消滅。




1/50
程度 モーターでプロペラが回る
P38ライトニング

1/30程度 モーターライズ
セドリック


以下随時追加
INDEX 1 2 3 4 5