MEMORIALCOLLECTION3


1/500重巡愛宕

日本模型はプラモデル参入当初より、
艦船模型に力を入れていた
メーカーでした。
当時の製品が色褪せることなく
未だに発売されているのは流石。

設立年月日 昭和26年12月26日
設立時の社名 日本模型航空機工業株式会社
プラモデルへの参入は昭和34年に出した伊号潜水艦から。

 



1/50程度の四式中戦車とスターリン戦車
砲弾発射装置付き、砲塔回転、発音装置内蔵
40度の登坂力と当時の少年の心を擽る歌い文句が記述されています。

 


複合素材使用の1/20クラウン
特許自動操縦装置付きなるキャッチフレーズが箱横に書いて有ります。バンパーと窓枠とホイールがブリキ製。
「当時はまだ、ブリキのプレスの
方が安く出来たのだと思います。」

 


青島文化教材もソリッド模型ゴム動力飛行機からプラモデルに参入したメーカーです。
製品もスケール物からキャラクター物まで幅広く出しています。上は1/16程度の初代パブリカ
パーツの構成は木製キットそのもので、左右のボディーとフロントトランク、ボンネット、ルーフの6パーツからなっています。モーターライズ。

 

1/60

紫電改


設立年月日 大正13年
設立時の社名 青島飛行機研究所

 


1/25程度アルフォンソ

 

商標が2期の1/24フォードGT
青島文化教材は現在でもゴム動力飛行機
「ライトプレーン」やグライダーを
出しています。







1/35ソビエト対空ミサイル戦車ガネフ

中村産業はプラモデルに参入したのが
1965「昭和40年」年代と比較的
後発のメーカーでした。
製品も地味な物が多かった様です。

1970年代後半消滅。


アメリカ高速魚雷艇PT78
モーターライズでジグザグに走行します

静岡教材「シズキョウ」もサンワ、三共と並ぶ古参メーカーの一つでした。


1/40程度モーターライズSU100

1964年「昭和39年頃」まで
存在していた様です。

1/40程度モーターライズT34−85

戦車模型のキャタピラにプラスチックを用いたのは日本ホビィーが最初でした。
ゴム製キャタピラしかなかった時代に出現したポリキャタピラは戦車模型のスタイルを
一新しました。日本ホビィーの戦車模型はスタイルばかりではなくメカニカルな機構でも
圧倒的な人気を誇っていました。


1/20スターリン戦車
この他にM41ウオーカブルドッグ
M48パットン、61式中戦車が製品化されていました。

1/20シリーズは転輪が全てスプリングで上下していましたが、これも当時としては画期適でした。



1/21 60式自走砲
日本ホビィーは戦車模型を主体に
車、SF物も製品化していましたが

1960年代後半「昭和40年代前半」消滅。


1/36スターリン戦車
箱がディスプレイケースとなるアイデア商品。



1/32

程度のフェラーリP3


1/1000程度ゴム動力戦艦長門

一光模型は1964年頃から
1970年代前半まで存在していたメーカーでした。製品は小物キットが殆どでしたが
1/24の車には秀作も有りました。
1/32 ボンネビル、チャレンジャー と1/24
トヨタ7




以下随時追加

INDEX3 4 5