MEMORIAL COLLECTION4



コグレ1/24フェラーリ158とメルセデス300SL

1960年代後半、一代ブームを巻き起こしたスロットレーシングカーを
日本で最初に発売したのは、コグレ模型でした。
正確なフォルムで車模型に数々の秀作を残しながらもスロットレーシング
の終焉とともに消滅。


コグレ模型は車模型以外にもミリタリー物
SF物、歴史物、にも秀作をのこしています。

コグレ1/40透明彗星



B級、リサイクルメーカー「倒産した
メーカーの金型での再販」のイメージが
強いアリイですが、歴史は古く
昭和38年に有井製作所としてスタート
しています。
上は初期商標の1/35M4アーマードカー
これはB級どころかタミヤにも勝る出来栄え
をしています アイテム共度も貴重な一品
77mm速射砲付きのゼンマイ走行。

1/24ホーメットタービンカー
これもアリイが唯一の貴重なホーメット
タービンカー
別売りの手動発電機「ゼネコン」で走行させます。



ニットウ1/35M29ウイーズル





大映特撮シリーズとSF3Dが
すぐ頭に浮かぶ日東科学ですが
ここも歴史は古く昭和39年頃
「1964年頃詳細は不明」
には雑誌に広告が出ていました。
製品のジャンルも多様でスケール
物から キャラクター物 SF物まで
幅広く出していました。昭和50年代
「1976年頃」前半消滅。


スケール物のコンセプトから少し
外れますがゼンマイで歩く宇宙飛行士 20cm


1/24ホンダRA273
これは1/24では唯一


水圧噴射のハーキュレス

オリエンタル模型社は昭和36「1961年
年頃から昭和40年ごろ「1965」迄存在していた
模型メーカーでした。製品は比較的小サイズ
のスケール物が多かったようです。


ラットパトロールを彷彿させる
1/35パトロールジープ


ゼンマイで走りミサイルを飛ばす
オネストジョン1/35程度。商標が2期の物


1/35サーチライトジープ



東宝1/32M47リモコン


1/24チャパラル2J


当時、町の繁華街に有ったサーキット
の1走行料金が50円、 それが小さいながら
家庭で楽しめるなら、経済的と真剣に考えたものでした。ちなみに1/35程度のリモコン戦車が
250円の時代でした。

東宝模型は1964年頃「昭和39年」
からプラモデルに参入したメーカーでした。
製品数は少なく、目立たないメーカー
でした。大型の国産車のキットと今でも
売っていると言う、東京タワーのキットが
記憶に残るところ。

左 ,スロットレーシング全盛期に
ご多分に漏れず製品化した
1/24ホームレーシングセット
当時ホームサーキットと称して全長4m の
8の字コースと車2台、電源のセットが
発売されていました。東宝の他にコグレ
ニチモ「今でも売っている?」ドウユウ社
タミヤ[1/32]が製品化していました。



1/20程度ホンダF1


同シリーズのランチャフェラーリ


マセラッテイ

ミツワモデルは1964年「昭和39年
頃からプラモデルに参入し現在に至って
います。当初は車モデルに力を入れていました。老舗の現役ながら製品が店頭で見かけない
のは寂しいところ。

三和模型の倒産後金型を引き継いだのが東京プラモでした。
三和の得意分野の車模型も殆ど再販されていました。
三和倒産後にブームとなったスロットレーシングカーにも
車模型のセンスは引き継がれていた様です。1968年頃消滅。


1/32程度コロナ

1/32セドリック


スロットカーとしては珍しい
1/32プリンスグロリア

1/24ロータス23


以下随時追加
INDEX  5